OXO ダイコングレーター

今回も同じくOXOですが、2006年度グットデザイン金賞にえらばれた
ダイコングレーターです。
この大根おろし器?は「いかに早く、おいしくおろせるか?」をコンセプトにOXOが開発し、試作品は日本の主婦や、料理人の繰り返しによるモニターを行って改良された商品なんです。
いままでは汗がでるくらい大変だった大根おろし作業が、
なんと、ダイコングレーターはシャラシャラって感じで、とても軽い×2。
それにいままでの大根おろし器は、片手はどこを持っていいのかなやんでいましたがw
回りのこのなだらかな形は手に無理なくフィットし、テーブルにもグリップして動きません。
水切もついてとても重宝するツールです。

DSC00284.jpg

<< 前の記事トップページ次の記事>>